CANON EOS M5 買っちゃいましたスポンサー広告 ≫ CANON EOS M5 EF-M18-150 IS STM レンズキット レビュー~CANON EOS M5 買っちゃいましたM5 ≫ CANON EOS M5 EF-M18-150 IS STM レンズキット レビュー~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANON EOS M5 EF-M18-150 IS STM レンズキット レビュー~

気になっていた、EOS M5、
EF-M18-150 IS STM レンズキットで購入しました。
期待と不安の両方を抱えたまま購入に踏み切りましたが、
実際はどうなのか、お知らせします。

軽快な使い勝手


某、価格比較サイトの口コミは大荒れですが、


元々そういうのは気にしないので。


むしろ語られている事以外に、大きな「しまった!」が無いかと


戦々恐々としていましたが、何の何の。



軽いというのは良いですね。


今まで使っていたカメラの重さでレンズ付き…


ちょっと前までは、重さと安心感は比例していましたが、


年齢と共に、重い装備はしんどくなってきていましたから。



オートフォーカスは、まぁ問題ない速度で反応してくれます。


暗いところでは、迷いが出ますがこんなもんでしょう。


ピーキングを信じてマニュアルに切り替えています。



なにより、タッチアンドドラッグでの


フォーカスポイントの移動は、軽快そのものです。


ダイヤルやレバー、十字キーをいじっているより


はるかに速いです。



また、内容を変えられるファンクションボタンが多く


自分の好みに合わせて設定できるのも助かります。



私は、録画ボタン、AF切り替え、感度設定をアサインしました。


まだ慣れていないのでモタつくことはありますが…




レンズの描写…この大きさだとこのくらいかなぁという感じです。


拡大すると、周辺部で色にじみが確認できますが、


今まで使ってきたシグマの18-200も同じですから


納得できる範囲ですね。


もうちょっと口径の大きい、明るいレンズがでると良いですね。



EVFは助かります


最大のポイントは、動画をファインダーで確認できることです。


明るい環境でもファインダーなら見えますし


なによりカメラ保持が安定します。


ファインダーの色に関しては、こんなもんでしょう。


所詮、確認のためであって、画角がわかれば良いわけですから。


ただ、もうちょっと大きくできないものかとは思います。


眼鏡使用の私はそう思います。


なんとかならないかなぁ…


一番困るのは、三脚に載せると


バッテリーの交換ができない事です。


蓋が塞がってしまうんです。


動画撮影では三脚を使う頻度も上がりますし


連続動作でバッテリーの消費も速いので


ここはなんとかならなかったかと思います。


猛烈に小さいクイックシューを付けて凌いでいますが、


余計なものを付けなくても良いようにしていただきたいものです。



ファインダー関連は、


色々と改善を希望したい点があります。


まず、暗いところを見ていると


動きが遅くなる点です。


パンスピードに追従せず、モタつきます。



また、撮影状況によって影響は変わりますが、


ブラックアウトが発生することです。


これは、EVFの宿命ですね。


従来のOVFでは無かった問題です。


予測して使う…というのはなかなか辛いもので、


今後の俊敏性上昇を期待します。


(普通の状況で撮影する分には問題とも思えませんが)



視度修正のスライダーは使いにくすぎます。


OVF機のようなダイアルではないので、


微調整しにくいんです。


アイカップは外せないので、


今以上に眼が悪くなった時の対処が心配でもあります。



それから、画像の確認ですね。


表示に掛る時間がちょっと長いですね。


次をすぐ撮りたい時に、この時間経過は


ものすごく長く感じます。


小さな事のようですが、


実際に使うと、結構イラッとします。


RAWで撮らなければいいのかもしれませんが…



キーアサインを変更して問題回避しましたが、


録画ボタンの位置が悪すぎます。


カメラを持とうとした時に、


しょっちゅう録画開始になるので


キーアサインを、無効にして


シャッターボタンそばのファンクションボタンに


録画ボタンをアサインしました。



要するに


機能は、OVF機に比肩するレベルですが


その機能を詰め込むには小さ過ぎた…かもしれないですね。



これだけの機能だったら、


EOS kissと同じ大きさでも良かったと思います。


ボタンが密集しているから誤操作したということはありませんが、


手の大きい人には、操作しにくいのかもしれません。



総合評価


ん~


私のように、静止画動画の両方を撮りたい人には


これほど機能を詰め込んでくれたカメラはありがたいと思えるでしょう。



Mレンズの種類が少ないという方が多いようですが、


キャノンのレンズ資産もアダプター購入で継承できますから


EF、EF-Sレンズを使った方が良いでしょう。


小径レンズで無理を図ることはCANONも考えないと思うので、


ラインナップはあまり増えないと思います。



それより、kissと4ケタEOSのどちらかを削って


一回り大きい、ミラーレスを考えて欲しいですね。


ちょっと前にEOS80Dで動画を撮りたいと思いましたが、


EVFが無いと厳しいので、外付けEVFを探しましたが、


やたらでかいので断念しました。


そういう経緯があってM5を購入したわけですが、


動画性能が今後上がるのであれば


もはや小さい必要は無いと思います。


今後、


フルサイズミラーレスを出す時には考えて欲しいものです。



さて、静止画専門の方にとってはどうでしょう…


価格も開きの無い、EOS80Dや9000Dの方が良いかもしれません。


特に、EVFである必要はありませんからね。


鉄道や航空機、鳥類等を撮る方には


OVFの方がお薦めかと思います。



ただ、ちょっとこだわる女性には


お薦めできる軽さだと思います


18-150mmレンズ一本でほとんどの撮影ができてしまいます。


15mm以下の広角ってパースが顕著で


結構、苦労しますし案外使わないもんです。


先の、シグマ18-200mmで困った事ってありませんでしたから。


要は、工夫です。


なんでも全体を撮ろうとしなければ


そんなに広角って必要無いです。




繰り返しになりますが、


一台で静止画動画を撮りたい方にはお薦めです。


特に、キットレンズの18-150mmの静かさはすごく助かります。


耳を近づけないと聞こえません。


むしろ本体の音の方が大きい程です。


(とは言え、ほとんど聞こえません)



フルサイズを使っている人にはサブ機扱いかもしれませんが、


APS-Cで良いという女性や動画撮影したい方には


メインで使えるカメラだと思います。


(これで、PCM録音できたなら…残念)



EOS M5 EF-M18-150 IS STM レンズキット(Yahooショッピング)
EOS M5 EF-M15-45 IS STM レンズキット(Yahooショッピング)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。